The Abroad

留学したい!でもどうすれば?カナダ留学中の私が、本当に正しい良質な情報だけお伝えします!

これで安心!TransferWiseの仕組み・評判・口コミ・安全性まとめ

TransferWiseの仕組み・評判・安全性のメインビジュアル

TransferWise(トランスファーワイズ)を利用したいけど...

  • どういう仕組みになってるの?なんで銀行より安く海外送金できる
  • 周りの評判ってどうなの?使った人はどう思ってるの?口コミは?
  • 本当に安全なの?聞いたことないけど危ない会社なんじゃないの?

このような不安がありお困りではないでしょうか。

結論から言いますと、安心してお使いください!

TransferWiseは資金移動業者として、YahooやLINE pay・楽天と同じ資格を持つ会社で、累計100万人が使っている各国に認められたサービスだからです。

2016年4月より日本にも対応し、日本でもフツフツと人気が出てきています!

しかし!利用する以上しっかりとTransferWiseを知った上で利用したいですよね。

この記事では、TransferWiseの仕組みから評判・なぜ安心と言えるのかについてお伝えします!

  1. そもそもTransferWiseってなに?どういう仕組みなの?
  2. 論より証拠!実際に使われたユーザーによる良い口コミと悪い口コミ
  3. 安全性はどうなの?なぜ信用できる?
  4. 私が実際に利用した感想と結果

そもそもTransferWiseってなに?仕組みは?➡︎ありそうでなかった画期的な送金サービスです!

TransferWiseは他の海外送金となにが違うのか?

それは「実際には海外送金を行っているわけではなく、ただ国内送金をしている」という点が大きく違います!

TransferWiseと他海外送金サービスの違いの図 他サービスは海外送金を行っており、TransferWiseは国内送金を各国で行っている。そのため無駄な手数料がかかりません。

この図のように、TransferWiseでは

  • 海外送金ではなく、国内送金を行っている
  • TransferWiseが「日本円をドルに換えたい人」と「ドルを日本円に換えたい人」をマッチングさせている
  • 実際には国内送金をしているだけなので、無駄な手数料がかからない

ありそうでなかった素晴らしいサービスです!

だれが作ったの?どういう経緯で?

transferwise創業者のターベット・ヒンリクス氏

創立者はスカイプ(Skype)の立ち上げから関わっていたエストニア出身の「ターベット・ヒンリクス」氏。

彼は「銀行を利用することでかかる手数料を無くしたい」という思いからこのサービスを立ち上げました。

2011年から立ち上がったこのサービス。今では注目を浴び全国の利用者が全世界で100万人を突破し、月間の合計送金額は約1,100億円にのぼります。(2016年9月時点)
EUでNo.1のスタートアップと評価
2014年 FinTech 50(金融業界の根底を覆し得る50社)に選出
Facebookの最初の投資家もTransferWiseを投資先として選ぶ

TransferWiseがなぜ銀行よりもお得なのか?を知りたい方はこちらにまとめましたので、お読みください。

2.論より証拠!実際に使われたユーザーによる良い口コミと悪い口コミ

さて肝心の口コミですが、結論としてはめちゃくちゃ良いです。

TransferWise公式が利用している口コミサイトのトップ画像 10点満点中9.5点

TransferWiseの公式で使っている口コミサイトには、39.247ユーザーが10点満点中9.5というすこぶる高い評価を受けています。
TransferWise - 口コミ(英語)

割合としては、96%のユーザーが良い口コミをつけており、残り4%のユーザーが5点以下の悪い口コミをつけています。

Androidアプリでも18,016ユーザーの方が5点満点中4.6と高評価をつけています。

TransferWiseのAndroidアプリのレビューと評価の画像 4.6点とかなり高評価です

また、Googleトレンドをみても、5年前頃からふつふつと注目を集めていることも確認できます。

全世界5年間のTransferwiseの人気の動向 Googleトレンドの画像

Twitterではこのように「使ってよかった!」という意見が多くあります!

 

さて、評判がとても良いことが伝わったと思いますが、悪い評価ももちろんあります。

良い評価はもちろん良いですが、良い評価も悪い評価もどちらも見て、総合的に利用するかどうか決めたいのではないでしょうか?

ここからは、両方の意見から学び、利用する前に知っておきたい事をまとめていきます!

2-1.良い / 悪い評価から学ぶ、利用する前に知っておきたい3つの事

有益な口コミのほとんどは英語で書かれているうえとてつもない量なので、良い評価と悪い評価を要約しました!

全ての本文を見たい方はこちらからご覧ください。

TransferWise - 口コミ(英語)

◎ 良い評価 × 悪い評価
・簡単で早く海外送金できた
・安い手数料でお得に送金できた
・カスタマーサポートが手厚い
・また利用したい!
・送金までが長い / 遅い
・本人・住所確認のプロセスが長い
・カスタマーサポートの返信が遅い
・送金できなかった

良い評価で圧倒的に多いのが「安い簡単また利用したい!」 という意見です。

しかし、悪い評価では矛盾しているかのようにその逆が書かれています。

1つ1つ説明していきますね!生の声が伝わりやすいようにtwitterから近しい口コミを添えます。

2-1-1.海外送金が「簡単で早い / 長い遅い」+確認作業が長い

これは「初回の送金は日数がかかる。なぜなら本人確認と住所確認のプロセスがあるから」ということが初めに理解できていなかったためこのような問題が起きたと思います。

  • 初回の送金には3~10営業日かかる (本人・住所確認のプロセスがあるため)
  • 2回目以降は1~3営業日で送金できる (確認プロセスがない+送った実績がすでにあるため)

また、基本的に海外送金が行われるのは「営業日 / 平日」です。そのため、土日などが挟まると当然その分伸びてしまいます。 

送金にはどれくらいの時間がかかりますか? - TransferWise

入力ミスや確認作業ができない場合は、さらに遅れることもある

例えば口座の名前を間違えて書いたり、本人確認書類が十分でなかった場合、もちろん振り込む日数は遅れます。

私も初めての送金ではミスがあり、予定よりも大幅に遅れました 泣

そうならないためにも、私が失敗した経験を踏まえ最もスムーズに使う方法をまとめましたので、ご利用する方は参考にしてみてください。

着金予想日時はずれる可能性の方が高い

TransferWiseの送金ステップ1 予想着金日時があるが、あまりあてにならないことを説明する画像

TransferWiseを利用した時の最初のステップで、画像のように「着金予想日時」というのが表示されます。

これはTransferWise側が悪いと思うのですが、あくまで予想であり、これよりずれ込む事を想定していた方が良いでしょう。

全てのステップがスムーズに行けばそうなるかもしれませんが、基本的に「これはただの予想だ!」という事を忘れないでください!

今後のサービスの向上に期待ですね。

 2-1-2.カスタマーサポートが「良い / 遅い悪い」

 こちらは時期やタイミング、質問内容によって変わってきます。

そのため、遅くなった場合は「運がなかった」としか言いようがありません...

基本的に1~3営業日ほどで返事が返ってきますので、1日で返ってきたらラッキーぐらいに思うのがちょうど良いと思います。

実際に利用した私も含め、96%の人が「サポートが良い!」と言っているので、基本的には「素早い対応 / 良質なサポート」が受ける事ができると言えます。

著者がサポートを利用した時のメールボックスの画像 1日ぐらいでメールが届くためかなりスムーズ

私の場合、カナダに来ているので日本との時間差は12時間。夜に送って朝起きた頃には届いていたので、知りたい事をスムーズに聞く事ができました。

2-1-3.送金が出来なかった + そもそも利用ができなかった

こちらは初めに利用するにあたっての準備やルールを読んでいないために起こった事でしょう。

例えば日本の場合、以下の事に注意が必要です。

  • 名義の異なるの銀行口座およびカードはご利用頂けません
  • マイナンバーを持っておらず、顔写真付きの本人確認書類もお持ちでない方は利用できない
  • マイナンバーを持っておらず、かつ日本に住居を持っていない方も利用できない
  • まだ取り扱っていない通貨/国がある
  • 日本から送る事は出来るが、日本に送る事ができない通貨がある
  • 自分に送る場合、送り元の銀行と、送り先の銀行をすでに持っておく必要がある
  • 18歳以下の方は利用ができません (親にやってもらうのはOK)

平たく言うと、「18以上の方で、本人確認と住所確認ができて、アカウントと同じ名前の口座で、送りたい通貨が扱われているか確認できた方」が利用出来るという事ですね。

これらはサポート等にもかかれていますが、読まずに登録を始めてしまうと最悪「利用ができない」といった事になります。確認をしっかりと行ってください!

日本から海外へのご送金の際に、口座開設時にご用意いただく書類と送付方法について - TransferWise

送金をされる前に知っていただきたい5つのこと - TransferWise

送金可能な国を教えてください - TransferWise

送金可能な通貨を教えてください - TransferWise

本人確認について - TransferWise

住所確認について - TransferWise

 

TransferWiseの評価/口コミはいかがでしたでしょうか!ここからは、安全性について解説してまいります。

ただ、はっきり言って面白くない固い話なので、興味がない方はさらっと読み飛ばしてください!

3.多くのユーザーが使っているのはわかったけど、安全性はどうなの?なぜ信用できる?

結論から言いますと、資金移動業者として「株式会社Yahoo / LINE pay / NTTドコモ」と同程度だと思っていただければ大丈夫です!

理由は、Transferwiseはこれら大きい会社と同じ資金移動業者としての免許・資格を持って運営しているからです。

  1. 関東財務局傘下のもと、資金移動業者として免許を取得
  2. お客様の資金は履行保証金として法務局にて保全されている / 日本法人が破綻した場合でも、破産管財人を通して資金の分配
  3. 全ての通信はHTTPSによって暗号化され、安全に弊社にて管理されています。
  4. 弊社は認可された資金移動業者であり、また世界中で認識されている企業
  5. TransferWiseを認可する英国金融行動監視機構(FCA)のことで、TransferWiseは2011年に電子マネー発行企業として認可されています。認可番号は900507です。

 引用 : TransferWise - トランスファーワイズは安全ですか?

なにやらややこしい単語が並んでいます...

簡単に要約するとこのようになります。

  1. 資金を移動する会社として、ちゃんと国から免許をとりました
  2. あなたのお金は国に管理してもらっているので、あなたが利用中に万が一会社が潰れても、あなたのお金は戻ってきます
  3. ネットショッピングのページや予約サイト、SNS、ネットバンクと同じくあなたの情報は暗号化してセキュリティをかけています
  4. 日本・オーストラリア・カナダ他4つの国で認可されている会社です (各国の法令および免許取得の状況について)
  5. 世界で通用する英国(イギリス)の厳しい審査と規定を通っています

細かく説明していきますが、要するに「詐欺まがいの危ない会社ではない」ということをお伝えしたいだけなので、興味のない方は飛ばしてください!

1.資金を移動する会社として、ちゃんと国から免許をとりました

日本資金移動業者一覧のウェブサイト画像 Transferwiseが免許を取得していることを説明する画像

資金移動業者の免許を取得しており、これは皆さんが知っているヤフーやLINE pay、楽天なども持っている同じ免許です!(PDF : 資金移動業者登録一覧)

まずこちらで怪しい会社ではない!ということが言えるでしょう。

資金移動業をするには、「資金決済に関する法律(以下、法という)」に基づき、事前に内閣総理大臣の登録を受けなければなりません。登録するにも「財務的基礎 / それらを遂行するための体制 / 法律を遵守する体制」が整っていないといけません。 (引用 : 一般社団法人日本資金決済業協会 - 資金移動業とは)

2.あなたが利用中に万が一会社が潰れても、あなたのお金は戻ってきます : 履行保証金

履行保証金とはいわば資金が足りなくなった時用の保険みたいなもので、仮に潰れても「お客様のお金」「潰れた後の始末は誰がどうするのか」などが保証されているということです。

 (引用 : 一般社団法人日本資金決済業協会 - 履行保証金の供託)

つまり、TransferWiseを安心してお使いいただけるという事ですね。

3.あなたの情報は暗号化してセキュリティをかけています

TransferWiseでは暗号化はもちろん、その中でも最も厳格で安全な種類で守られています。

具体的にはHTTPSという技術の事です。

HTTPSとは、(Hyper Text Transfer Protocol Secure)というブラウザとwebサーバーを通信するためのもので、その通信内容を暗号化するという技術です。あなたが普段お使いのSNSやネットショッピングなどで多く利用されています。

HTTPとHTTPSという2つがあるのですが、TransferWiseは「HTTPS」を使っています。

この2つの違いは、あなたの情報を暗号化しているかどうかです。

HttpとHttpsの違いを説明する画像 httpsだと第三者から見た場合「あ」は「黝」のようによくわからない文字列に暗号化されます

もし暗号化されていない場合、悪い人があなたのアカウントを盗んで乗っ取る可能性があります!

HTTPSには3種類あるのですが、その中でも最も厳格で安全なのが「EV」という種類です。「EV」かどうかは、あなたが見ているブラウザの上の方のこの部分を見て、組織名が書かれていれば「EV」のHTTPSです。

httpsの種類「EV」をどのように見分けるかの説明画像

これがあれば万事解決というわけではありませんが、なにか個人情報やクレジットカードの番号など、あなたの情報を入力するようなサイトでは必須のものと考えましょう!

wikipedia - HTTPS

4.日本・オーストラリア・カナダ他4つの国で認可されている会社です

上記でお伝えした「資金移動業者の免許」のように、7カ国で国が認めた上で運営されています!

現時点で「日本・オーストラリア・カナダ・香港・ニュージーランド・シンガポール・イギリス及び欧州経済領域(EEA)」の認可状況がHPで紹介されています。

各国での認可番号や機関について詳しく知りたい方はこちらをごらんください。

TransferWise - 各国の法令、及び免許取得の状況について

取り扱い通貨について知りたい方はこちらをご覧ください。

TransferWise - 送金可能な通貨について教えて下さい

5.世界で通用する英国(イギリス)の厳しい審査と規定を通っています

FCAのウェブサイト画像 TransferWiseはFCAに認められているという説明

TransferWiseは金融行動監視機構(FCA:Financial Conduct Authority)に電子マネー事業者として認められている企業の一つです。

FCAとは英国の金融を規制する機関で、消費者保護のために企業の行動を監視しています。

このFCA、世界でも指折りの厳しい審査と厳格な規定があり、これを取得できた金融機関は一定の信頼を得ることができると言われているほど認められるのが大変です!

そのため、金融業を行う上でとても重要なライセンスだということです。(FCA : Handbook)

 

いかがでしょう?

5つTransferWiseが安全であることがわかる理由をあげましたが、要するに詐欺まがいの危ない会社ではないということが伝われば良いと思います!

 

さいごに、私が4月ごろに使った感想と結果をご参考までにお伝えします!

4.実際に私も利用した結果、1万円お得に送金できました!

TransferWiseを実際に使い、送金完了した画面を添付。1万円ほど安く送ることができました。

17年4月5日に50万円をカナダドルで送金しました。 銀行と比較した場合、1万円お得に送金出来たことになります。 私はUFJ銀行を利用していたので、UFJから送金した場合、(17年4月28日の為替レートで計算 レート=81.59 TTS=83.23)

50万円をCADに変えて送った場合
  UFJ銀行 TransferWise
海外送金手数料
送金手数料
3000円 4950円
為替レート 6007CAD
(83.23)
6128CAD
(81.59)
中継手数料 約1250円 無し
受け取り銀行側の手数料 約1250円 無し
支払う手数料の合計 15,372円
為替レートの差額込み
4950円

約1万円も節約ができました!

またお金だけではなく、時間の節約も出来たので大満足です。 海外送金をどうするかで散々銀行に通って話いたので、TransferWiseを使えばその手間もありません。

TransferWiseの仕組み・評判・安全性まとめ

どういう仕組みか

  • 海外送金ではなく、それぞれの国の中で国内送金を行っている
  • TransferWiseが「日本円をドルに換えたい人」と「ドルを日本円に換えたい人」をマッチングさせている
  • 実際にはお金が海外に移動するわけではないため、無駄な手数料がかからない

評判 / 口コミ

  • 39.247ユーザーが10点満点中9.5
  • 96%のユーザーが良い口コミをつけており、残り4%のユーザーが5点以下の悪い口コミ
  • 割合は違えど、良い口コミも悪い口コミもある
  • 悪い口コミは、利用する前に知っておくことで、あらかじめ防ぐことができる!

安全かどうか

  1. 資金を移動する会社として、ちゃんと国から免許を取っている
  2. あなたのお金は国に管理してもらっているので、あなたが利用中に万が一会社が潰れても、あなたのお金は戻ってくる
  3. ネットショッピングのページや予約サイト、SNS、ネットバンクと同じくあなたの情報は暗号化してセキュリティをかけている
  4. 日本・オーストラリア・カナダ他4つの国で認可されている会社
  5. 世界で通用する英国(イギリス)の厳しい審査と規定を通っている

以上です!

仕組み・評判・安全性について書きましたが、この世の中何が起こるかわかりませんので、絶対に100%安全と言えるわけではありません。

しかし、これだけあらゆる基準を満たしているという事実は「安全・信頼」につながると言えるでしょう!

しっかりと検討した上で利用することをおすすめいたします!

 

なぜ銀行よりもお得か?実際の使い方はどうなのか?気になる方は以下をお読みください。