The Abroad

留学したい!でもどうすれば?カナダ留学中の私が、本当に正しい良質な情報だけお伝えします!

ハリファックスはそこそこ寒い!ハリファックスの気温・天気・季節あるあるを解説します

ハリファックスの気温・天気・季節あるあるをお伝えします!こちらはハリファックスの夏、ウォーターフロントの近くです。

Halifax / ハリファックスの天気は、日本の平均的な気温と比べると夏は超涼しく冬は寒い感じです。

カナダと言えば「極寒でオーロラ、雪でカマクラ作れちゃう」というイメージを持っているかと思いますが、実のところハリファックスはカナダの中でも比較的暖かい方なんです!

年間を通して大体-10℃ 〜 25℃ぐらいで、日本で言うと北海道の札幌に非常に似ています。

なので大阪や東京などと比べると、ハリファックスの夏は超快適で冬は超寒いという印象になるでしょう。

ただ僕、ハリファックスの気温大好きなんです。年間を通じて。

もしあなたが

  • 汗っかき
  • 日本の夏が大っ嫌い
  • どちらかと言えば冬の方が好き

このタイプの方。きっとハリファックス大好きですよ。

僕は尋常じゃない汗っかきなので、日本の夏大っ嫌いです。

日本だと、駅から徒歩5分の会社に出勤するときでもシャワーを浴びたように汗を書いていた僕が2年半のハリファックス生活で汗掻いた事ありません。まじで。

続きを読む

ハリファックスに日本人はマジで少ない。2年半住んでいる僕の感覚と日本人に遭遇できる場所5つ

ハリファックスに日本人はマジで少ないです!まるでこの写真家のように...

Halifax / ハリファックスに日本人はマジでほとんどいません。

居るは居るのですが、ばったり会ったり見かけたりする事はほとんどありません。

2年半ハリファックスに住んでいる僕の体感値としては、3週間に1回日本人を見るか見ないかくらいの感覚です。

ハリファックスは学生の街なので、色んな国からありとあらゆる人種の方が来ています。

そのためアジア人が多く居るので「おっ!!あれは多分日本人やな!!」と思っても、大体は中国人か韓国人の方な事が多いです。

そのせいか、大体のカナディアンからは「あなたは中国人ですよね?ニーハオ!」と言われたりします 笑

もしあなたが「カナダ留学で日本人が少ないところ」を探して居るのであればハリファックスは超おすすめです。

とはいえ完全に日本人がいないという訳ではありません。

続きを読む

ハリファックスの治安は良い方!とはいえ気をつけたほうが良い5つの事解説します。

ハリファックスの治安は心配しないで大丈夫!かなり安全な町ですよ

Halifax / ハリファックスの治安は、ハッキリ言って日本とあまり変わらないくらい治安が良いです!

初めて来た時は「外人いっぱい...デカい...怖い...」と思っていましたが、ハリファックスに住んで2年半経った今も、特に大きな問題が起きたことはありません。

僕だけでなく、周りの友達や日本人留学生、現地のカナディアンに話を聞いても「治安か..うーん特に大丈夫なんじゃないか?」ぐらいの感覚しかありません。

なので、ハリファックスの治安を心配されている方はご安心ください!

ただし、完全に安心安全という訳ではありませんし、日本ではないのでより一層の注意は絶対必要です。

ハリファックスはカナダの中でも比較的安全な方ですが、それでも危険なエリアや犯罪はあります。

ハリファックスで安心安全に暮らしたい方は、

続きを読む

銀行は使わない!最も安く簡単に海外から日本に海外送金したい方は海外送金サービス1択です

海外から日本へ海外送金。最も早くて安いのは海外送金サービスです。銀行の海外送金は遅いし高いのでご注意ください!

銀行経由で海外から日本に海外送金するのはとても簡単です。

お使いの銀行にネットか直接窓口で「日本にお金送たいんやけど!!!!」と海外送金手続きをするだけで送る事ができます。

しかし、時間もお金も全くお得ではないため銀行経由の海外送金は最高にオススメしません。

なぜなら手数料が数千円から数万円高く、送金するたびに毎度同じだけの時間がかかるためです。

そのため銀行ではなく「海外送金サービス」を使いましょう。そうする事で

  • 費用は最大限安く
  • ネット上で簡単に
  • マイナンバー不要で使える
  • 一度登録しておけば繰り返しの送金も楽ちん

に行う事ができてしまいます!

今登録をすれば、大体5 ~ 14日前後で海外送金でき、かつ数千円から数万円お金をセーブする事が出来ます。

ただお金を送りたいだけなのに余分な時間とお金を払いたくないですよね...。

カナダ在住の私もよく日本にお金を送る事があるので、この海外送金サービスにはアホみたいにお世話になっています。

ただし!お住いの国(中国 / フィリピン / 韓国 など)によってそもそも海外送金サービスが使えない可能性があり、銀行を使わざるを得ない可能性もありますので注意が必要です。

続きを読む

【一時帰国してやってみた】海外居住者が最短でマイナンバーを受け取る4Step

2019年から海外送金などで必要となってくるマイナンバー。海外居住者は取りたくても日本まで行かないと取れないジレンマで不安になりますよね。

結論としては、日本に一時帰国して平日1日あればすぐに受け取る事が出来ます。
転入届けをした後で、マイナンバー付きの住民票を発行してもらう事ですぐに知る事が出来ます。全体の所要時間としては1 ~ 2時間ほどで完了出来ます。

必要なものを4つ用意する / 平日に帰国する / 市役所に行き転入届+住民登録+住民票発行をお願いする / マイナンバーゲット!

これですと長期滞在が出来ない方でも、平日で1~3日程度あればマイナンバー番号をゲットできますね!

マイナンバーの「カード」を受け取るには2週間 ~ 1ヶ月ほどかかるのですが、カードは正直必要ありません。
なぜなら、マイナンバー提出に必要な書類は住民票でまかなえるからです。

私もこの方法で問題なく取得→銀行に提出が出来ました。

実体験を元に、最もスムーズにマイナンバーの取得が出来るよう説明して行きますね。

続きを読む

2019年以降はこうしよう!海外居住者がマイナンバー問題ですべき+知っておくべき事

f:id:the-abroad:20181201140450p:plain

海外居住者にとって脅威であるマイナンバー制度。

2019年以降、銀行口座とマイナンバーの紐付けが云々~~と聞いて不安に思った方が多いと思います。

結論からいえばマイナンバーを持っていなくとも、利用している銀行 / 証券会社によっては2019年以降今まで通りの生活が出来る可能性が高いです。

何故なら、各金融機関によって2019年以降の対応が違うからです。とある銀行は「無くとも大丈夫ですよ~」と言い、別の銀行は「利用できなくなります」と言っています。訳がわかりません...

はっきり言ってマイナンバー制度はまだまだの状態です。どこに聞いても部署・支店・担当者レベルでみんな言うことがバラバラです。

そのためあなたがすべき事は

  1. 利用中の銀行 / 証券会社に「マイナンバーが出せないと利用できなくなるのか」と聞く
  2. 海外居住者である事、もしくは顧客である事は言わない事
  3. 大丈夫であればそのまま使い、ダメであれば潔く相談する or 別サービスを使う / 探す

この3つだけです。

ただし、これらは「今現在(2018年12月時点)」での話であるため、今後変わってしまう恐れがあります。

続きを読む

格安にご注意!21サイトを比較してわかった安全な海外格安航空券の探し方

海外旅行や留学、出張などで少しでも安い海外航空券を利用したいとお考えですね?

結論から言います。以下の5ステップで検索をすると、適当に調べるよりも最大26%安く15分ほどで効率的に海外格安航空券を探す事が出来ます!

  1. 3~4つの比較サイトを使って検索する
  2. レビューの高い航空券販売会社の最安の値段と、最短時間の値段をメモる
  3. 1時間あたりの価値が見合うものを見つける
  4. Surpriceで同じ条件で検索し、値段と時間を3番のものと比べる+クーポンや最低価格保証が利用できれば利用する
  5. ホテル / 保険 / Wifiと組み合わせる

この5ステップで最も安い海外格安航空券を探す事ができます。

色んなサイトで「どこどこが安い~」「0ヶ月前に買うのが良い~」と書いてありますが、何処にも根拠がなかったため本当か?と言う事で調べてみました。

9カ国を各4期間で分けて439回以上検索した格安航空券の表

血と涙の海外航空券比較サイトのスプレッドシート

21の海外航空券比較サイトで、人気の観光スポット含む9カ国を、1週間 / 1ヶ月後 / 3ヶ月後 / 5ヶ月後の4期間に分け439回以上検索・比較した結果を元に海外格安航空券の探し方をお伝えしますね。

そして、格安をお探しのあなたには申し訳ないのですが、格安だけで海外航空券を決めてしまうのは危険です。

続きを読む

オーストラリア銀行口座はもう不要!ネットで5日前後で作るTransferWiseボーダレス口座とは

オーストラリア銀行口座は不要?ネットで5日前後で作るTransferWiseボーダレス口座とは

ボーダレス口座はまだ日本には提供されていませんので日本にお住いの方はまだ使えません。新しい情報が入り次第随時更新しますね!

オーストラリアの銀行口座についてお調べですね?
もしかすると、あなたはもうオーストラリアで銀行口座を作る必要がないかもしれません。

  1. 永住または長期滞在するorしているため、口座を作りたい
  2. クレジットカードやデビットカードなどをオーストラリアで作りたいため、口座が必要
  3. 将来の大きな買い物のため、クレジットヒストリーを貯める必要がある
  4. 公的な書類(残高証明など)を作る必要があるため、銀行が必要
続きを読む