The Abroad

留学したい!でもどうすれば?カナダ留学中の私が、本当に正しい良質な情報だけお伝えします!

安い手数料に騙されるな!銀行と海外送金サービス全31種の手数料比較

f:id:the-abroad:20171013114513j:plain

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。このサイトのポリシーはこちらからご覧ください。

「安く手数料を抑えて海外送金したい...」と思っているあなた!冒頭から失礼します!!

海外送金は「手数料の安さ」に注目するのは大間違いです!

手数料だけに注目してしまうと、数千円から数万円損してしまいます。私が調べた中だと、最大で68,000円前後も損するケースがありました。

実は海外送金において最も大きい手数料は「為替レート + その他の手数料」だからです。

これらは「隠しコスト」と呼ばれており、文字通り手数料だけ大々的に表示して他は「隠す」様な形でサービスが提供されています。

なので「手数料も大事だが、為替レート+その他の手数料が安い海外送金」が最も安い方法になります。

19銀行と12海外送金サービスを9通貨で279回以上比較したところ

が手数料を抑え、安く海外送金する事ができます。

全31サービスと比較した結果、最もお得な銀行と海外送金サービス
  銀行 海外送金サービス
1位 ソニー銀行 TransferWise
中国への海外送金はこれらが最もお得
1位 中国銀行 ウエスタンユニオン

さらに、銀行よりも海外送金サービスの方がはるかに安く海外送金を行うことができます!

後ほど詳しく説明しますが、銀行の海外送金は

  1. 時間がかかる
  2. 面倒
  3. その上海外送金サービスよりも高い手数料+隠しコストがある

ため、手数料を抑えて安く使いたい方にとっては全くお得ではありません。

続きを読む

アメリカ銀行口座はもう不要!ネットで5日前後で作るTransferWiseマルチカレンシー口座とは

f:id:the-abroad:20180710101047j:plain

(2020年10月10日更新)マルチカレンシー口座が提供されました!!デビットカードはまだですのでご注意下さい。新しい情報が入り次第随時更新しますね!

アメリカの銀行口座についてお調べですね?
もしかすると、あなたはもうアメリカで銀行口座を作る必要がないかもしれません。

  1. 永住または長期滞在するorしているため、口座を作りたい
  2. クレジットカードやデビットカードなどをアメリカで作りたいため、口座が必要
  3. 将来の大きな買い物のため、クレジットヒストリーを貯める必要がある
  4. 公的な書類(残高証明など)を作る必要があるため、銀行が必要

この4つに当てはまらない方で、以下の目的で口座を作ろうと思っている方。

  • 日本からの海外送金
  • 生活のためのお金を保存する場所として
  • 短期~2年前後の留学に行くため、生活費の保存先として口座が必要
  • アメリカの大学に行くため、生活費の保存先として口座が必要
  • アメリカで働くため、給料の受け取り口が必要

これに該当する方、タイトル通りアメリカの銀行について調べる必要も作る必要もありません。
すべて「Transferwise(トランスファーワイズ)マルチカレンシー口座」で解決することができます。

結論としては、お金に関することは「TransferWiseマルチカレンシー口座」で解決し、それ以外のことで必要な場合は「アメリカ銀行口座」を作る。


お金の問題はほぼ全てTransferWiseマルチカレンシー口座で解決できます。

アメリカ銀行口座が必要な場合は、現地に行ってからゆっくりキャンペーンなど考慮しつつ、どの銀行が良いか吟味すれば良いのです。

さて、このままでは意味不明なのでじっくりこってり説明させていだきます!

続きを読む

オーストラリア銀行口座はもう不要!ネットで5日前後で作るTransferWiseマルチカレンシー口座とは

オーストラリア銀行口座は不要?ネットで5日前後で作るTransferWiseマルチカレンシー口座とは

(2020年10月10日更新)マルチカレンシー口座が提供されました!!デビットカードはまだですのでご注意下さい。新しい情報が入り次第随時更新しますね!

オーストラリアの銀行口座についてお調べですね?
もしかすると、あなたはもうオーストラリアで銀行口座を作る必要がないかもしれません。

  1. 永住または長期滞在するorしているため、口座を作りたい
  2. クレジットカードやデビットカードなどをオーストラリアで作りたいため、口座が必要
  3. 将来の大きな買い物のため、クレジットヒストリーを貯める必要がある
  4. 公的な書類(残高証明など)を作る必要があるため、銀行が必要
続きを読む

【300回比較】4タイプしかない。大学生の留学・ワーホリでお得なお金の持って行き方

大学生で留学・ワーホリのお得で安全なお金の持って行き方は4タイプしかない

「海外留学のお金どないしたらええねん...」とお悩みの大学生のあなた。

早速結論です。

大学生・院生・短大生・専門学生の方は「学生にしか使えないカードを使って留学に行く」が最もお得です。

具体的には以下4つを用意してください。

この4つを持っていく事で、お得に安全に海外留学のお金を持っていく事ができます。

  1. カード類2~5枚 (メイン2枚 /  サブ2枚)
  2. ネット上で操作出来る銀行口座
  3. ネットで海外送金できるTransferwise
  4. 留学先に合わせて少しの現金 (2 ~ 5万前後)

基本的にはカードで生活をして、万が一の時に送金をしたり現金を使うような形になります。

この4つを用意し、「1.カード類2~5枚」は以下4タイプからあなたに当てはまるカードを用意してください。

続きを読む

【25サービス比較】最も安いおすすめ外貨両替は3サービスのみです。

手数料に騙されるな!外貨両替25サービス450回比較して分かったお得なサービス3つ

  • 宅配サービスで送料・手数料が無料!
  • レートが断然お得!
  • スピーディーに両替!
  • スマホで簡単両替!

「うーんどれも魅力的だ..どれを使えばいいのか...」 とお思いのあなた。

結論を言うと外貨両替は

  🇯🇵日本円を外貨に💵 💵外貨を日本円に🇯🇵
1位 外貨両替ドルレンジャー
【🏢店舗型】外貨両替ドルレンジャー
インターバンク
【🏢店舗・🚗宅配型】インターバンク
2位 インターバンク
【🏢店舗・🚗宅配型】インターバンク

【🚗宅配型】新生銀行 パワーフレックス

で両替を行っていただくのが最もお得な外貨両替です。

銀行と外貨両替サービス全25サービスを日本円⇆外貨で450回比較した結果、上記の3サービスが最もお得であるためです。

残念ながら、私が比較した中ではその他はお得ではありませんでした...。

名指しはしませんが、中には最もお得なサービスに比べ、1万8千円も高いケースがありましたので注意してください。

これの何が問題かと言うと「ただお金を変えるだけなのに、使うサービスによっては10万前後の両替で1万円以上も損する可能性がある」と言う事です。

続きを読む

海外のお金でもう悩まない!TransferWiseマルチカレンシー口座とは

f:id:the-abroad:20180531025020j:plain

(2020年10月10日更新)マルチカレンシー口座が提供されました!!デビットカードはまだですのでご注意下さい。新しい情報が入り次第随時更新しますね!

  • マルチカレンシー口座ってなに?
  • 何がどう違うんだい?
  • 本当にお得なの?
  • どうやって作るの?

このような情報をお探しの方に、わかりやすくかつ明確にマルチカレンシー口座についてご説明しますね!

マルチカレンシー口座を作ると、3つの物が手に入ります。1 : 50以上の通貨を保存・管理出来、アカウント内でいつでも両替できる。 2 : 50通貨以上の国で、日本と変わらぬ生活を0.35% ~ 1%の安い手数料で可能に。 3 : アメリカ・オーストラリア・イギリス・ユーロ圏・ポーランド・ニュージーランドの6口座を無料で持てる

一言で言いますと「海外に銀行口座を持たなくとも、50カ国以上の通貨をアカウント一つで管理・送金ができるようになり、🇺🇸アメリカ・🇬🇧イギリス・🇦🇺オーストラリア・💶ユーロ圏内・🇳🇿ニュージーランド・🇵🇱ポーランドの6カ国の口座を無料で持てるサービス。しかも手数料は銀行に比べて数倍安い」というのがTransferWise(トランスファーワイズ)のマルチカレンシー口座です。

具体的な利用状況で言うと...

続きを読む

【12海外送金サービス比較】安さ安全性などの9項目からTransferwiseが最もお得です

12の海外送金サービス比較記事のアイキャッチ。結果はTransferwiseの圧勝です。

「お得に海外送金をしたいが、結局どの海外送金サービスを使えば良いのか...」とお悩みのあなたへ。

結論は「TransferWise」が最もお得な海外送金サービスです!

なぜなら「良質な海外送金サービスを満たす9項目」を最も多く満たしているためです。

  1. 【安さ】12サービスを9通貨118回比較した結果最も安い
  2. 【速さ】送金手段・受取り手段
  3. 【利便性】日本語対応
  4. 【利便性】個人・法人にも対応
  5. 【利便性】対応している通貨・国が多い
  6. 【利便性】日本⇆海外の双方向送金の対応が多い
  7. 【安心】利用者数・レビューの高さ
  8. 【安心】日本法人があるかどうか
  9. 【安心】日本に住んでいない海外居住者でも送金できるか + マイナンバーの有無

TransferWise「一番安い上に日本語対応+日本法人があるため、日本人にとって使いやすく安心できるサービス。レビューも最高に良い。」ため最もおすすめ出来るサービスです。

この記事では海外送金サービスをあらゆる方法で比較をしたかったのですが、残念ながら只々Transferwiseを持ち上げるだけの記事になってしまいました...。

逆に以下のような方はこれらのサービスをお使い下さい。

続きを読む

安い手数料に騙されるな!銀行と海外送金サービス全31種の手数料比較

f:id:the-abroad:20171013114513j:plain

この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。このサイトのポリシーはこちらからご覧ください。

「安く手数料を抑えて海外送金したい...」と思っているあなた!冒頭から失礼します!!

海外送金は「手数料の安さ」に注目するのは大間違いです!

手数料だけに注目してしまうと、数千円から数万円損してしまいます。私が調べた中だと、最大で68,000円前後も損するケースがありました。

実は海外送金において最も大きい手数料は「為替レート + その他の手数料」だからです。

これらは「隠しコスト」と呼ばれており、文字通り手数料だけ大々的に表示して他は「隠す」様な形でサービスが提供されています。

なので「手数料も大事だが、為替レート+その他の手数料が安い海外送金」が最も安い方法になります。

19銀行と12海外送金サービスを9通貨で279回以上比較したところ

が手数料を抑え、安く海外送金する事ができます。

全31サービスと比較した結果、最もお得な銀行と海外送金サービス
  銀行 海外送金サービス
1位 ソニー銀行 TransferWise
中国への海外送金はこれらが最もお得
1位 中国銀行 ウエスタンユニオン

さらに、銀行よりも海外送金サービスの方がはるかに安く海外送金を行うことができます!

後ほど詳しく説明しますが、銀行の海外送金は

  1. 時間がかかる
  2. 面倒
  3. その上海外送金サービスよりも高い手数料+隠しコストがある

ため、手数料を抑えて安く使いたい方にとっては全くお得ではありません。

続きを読む

【Airbnb体験談】2件連続で汚部屋・水が出ない。ひどいのでほぼ全額返金してもらった話

f:id:the-abroad:20200205061540j:plain

Airbnbで相当嫌な思いをしたので、これから利用しようとしているあなたに是非とも参考にして頂きたく私の体験談を共有させて頂きます。

献立はこちらになります。

【1軒目】東京都墨田区の汚部屋物件。写真とかなり違うがお構いなし。カビだらけの食器棚風味→ほぼ全額返金

【2軒目】大阪府桃谷の物件。トイレお風呂キッチン全ての水が出ない物件。一部電気が通っていないを添えて → こちらは呆れて諦めました

2019年末に大人数で日本を旅行していたのですが、その旅行中に2件も連続でこの様な物件を引かせて頂きました。

利用国はどちらも日本で、予約前にじっくりこってり時間を掛けて探した物件になります。

「いやいやちゃんと調べてなかったんじゃないの?wwww」と思われるかもしれませんが、巷で言われている「Airbnbの上手な部屋探しのコツ」を行なった上でこの結果です。

  • 普通のホストではなく良質な「スーパーホスト」の物件にする
  • レビューの確認はもちろん、⭐️が1のレビューが少しでもあれば見送る
  • GoogleMapで住所+ 画像で確認をする
  • あまりにも安すぎる物件は避ける

などなど...これらを行った上でこのザマです。

3つのレビューサイトで、Airbnbは平均星1.7という評価も納得が行きます。

続きを読む