The Abroad

留学したい!でもどうすれば?を解決する良質な情報をお届けします!

厳選5枚!海外留学で最もお得なおすすめクレジットカードと全知識

f:id:the-abroad:20170908102817j:plain

  • クレジットカードって必要なの?
  • どのクレジットカードがいいの?
  • クレジットカードってお得なのか?
  • 枚数や保険・子供用とかなにがいいのか基準がわからない

など留学用のクレジットカードでお悩みですね。

結論からいいますと、クレジットカードは留学において必要です。2~3枚あると支払い的にも保険的にも安心ですが、高校生を含む18歳以下の方は作成ができません。用意できる方は必ず用意しましょう。

そして、クレジットカードは良質なものでなければ高い手数料や利便性が悪く損をしてしまいます。 

ただでさえお金のかかる留学なので、できる限り節約でき、最もお得な方法で生活がしたいとお考えではないでしょうか?

この記事では留学用のクレジットカードの注意点やよくある質問、良質なクレジットカードとはなにかまで、あなたの悩みが吹き飛ぶように説明をしていきますね!

おすすめクレジットカードだけ知りたい方は、以下のリンクから飛んでください。

  1. そもそもクレジットカードはお得・必要なのか?
  2. なぜ留学にクレジットカードが必要なのか?
  3. 留学において良質なクレジットカードの条件
  4. クレジットカードのよくある3つの質問と4つの注意点
  5. 1,000種以上から厳選5枚 良質な留学用おすすめクレジットカード
  6. クレジットカードの申し込みはインターネットがお得

そもそもクレジットカードはお得・必要なのか?→必要ですが、留学用のお金の中で4番目にお得です

私はクレジットカードを作りたいんだ!という方はスルーしてください。

しかし、もしあなたが

  • クレジットカードがなんか良いって聞いたから
  • なんとなくそう思ったから

という理由で留学用にクレジットカードを探しているのであればお待ちください!

留学には6種類のお金の持って行き方があり、あなたにとって何がお得なのかは「年齢/国/ビザ」によって大き変わってきます。

最もお得に生活がしたい!とお思いの方は、以下の記事をごらんください。

お金の持って行き方の説明から、あなたにぴったりな方法まで時間をかけてまとめました。きっとあなたのお役に立ちます!

なぜ留学にクレジットカードが必要なのか?クレジットカードの基本について

クレジットカードを持つ必要性は3つあります!

  1. 支払い方法の選択肢を増やすため
  2. 万が一のトラブルを避けるため
  3. 海外保険をつけるため

詳しく説明しますね。

1.支払い方法の選択肢を増やすため

2017年現在、お金の支払いは「現金」か「カード」の2種類しかありません。

留学用のお金は2017年現在現金かカードの2種類だけ 説明図

つまり、この2つをしっかり準備することで、留学中の生活の不安に悩まされることはありません。

そのため「クレジットカード」は「カード支払い」にとても役に立ちます。

特に外国ではカード支払いが多いため、クレジットカードやデビットカードがあるだけでかなり楽に生活をすることができます。

ちなみに私の場合。

カナダに1年間住んでいますが、現金での買い物はほとんどありません。自販機のジュースを買う時ぐらいしか使わないため、現金は完全に自販機用になってしまっています 笑

 2.万が一のトラブルを避けるため → クレジットカードは2枚。他のお金を支払う方法も用意しましょう。

留学用クレジットカードは、2枚以上が安心です。

仮にあなたがクレジットカード1枚しか留学に持っていかなかった場合、

  • 無くしてしまって生活が出来ない
  • 暗証番号を何回か間違えてしまい、止まってしまった
  • 誰かに盗まれてしまった

など、トラブルが1つ起こればそれだけで生活が難しくなってしまいます。

カードによっては、無くした時の緊急用カードを海外まで届けてくれますが、1~2週間またはそれ以上待たなければいけません。

国内の時でさえ無くすと何かと大変なのに、それが海外となるともっと大変です。

そのため、

  • クレジットカードは2枚以上
  • 他のお金を支払う方法を用意しておく

そうすることで別の何かが使えなくなってしまっても、安心して生活を送ることができます。

3.海外保険をつけるため→クレジットカードには海外保険が付いているものがあり、万が一の保険として使えます。

全てのクレジットカードにはついていませんが、カードによって海外保険が付いています。

あなたが旅行先・留学先で万が一ケガや病気になった時に役立ちます。

特に海外では医療費が高く、骨折だけで数百万の請求が来ることもおかしくはありません。

そのため、クレジットカードは必ず海外保険が付いているものがオススメです。

しかし、クレジットカードの保険には3つ注意点があります。

  • 60~90日間だけのものがほとんど
  • 持っているだけで有効にものもあるが、使わないと保険が有効にならないものもある
  • 保険は付いているが、内容が薄いものがある

ここを理解・確認しておかないと、使えると思っていた保険が使い物にならない可能性があります。

そのため、留学期間や保険の条件・内容は必ず確認をしましょう。

なにが良いのか・どうすればよいのかは次の「良質なクレジットカードの条件」で詳しく説明しますね!

留学において、良質なクレジットカードの条件とは?

クレジットカードが必要なのは分かりましたが、どのクレジットカードでも良いわけではありません。良質で無ければ結果損をすることになります。

良質なクレジットカードとは以下のことを指します。

1.ブランド VisaかMastercard
この2つ以外は海外でほとんど使えないため
2.カード利用手数料 1.63% 以下
中には2%のものもあります
3.ポイント還元率 0.7~1%以上
0 ~ 0.5%のものがほとんどです
4.ポイントの内容の良さ 1pt=1円など幅広く使えるかどうか
中にはTUTAYAポイントやnanacoポイント、楽天ポイントなど限定的なポイントがあるので良く利用される方以外はご注意を
5.海外保険 海外保険内容が良く、利用ではなく自動付帯のもの

・傷害治療費用と疾病治療費用が付いており、200万以上のもの
・自動付帯 = カードを持っているだけでつく保険

・利用付帯 = 出国前・後に公共交通や宿泊などにカードを使って初めてつく保険
・ほとんどの保険は出国から60~90日間だけです

6.その他サービス 海外利用時ポイント2倍が付いているなど
ついていたとしても、何かに加入しなければいけないなどのケースが多いため注意

この条件に当てはまるクレジットカードは、1000種類以上ある中から9枚しかありませんでした。その中から5枚に厳選して紹介しますね。

結論を先に言いますと、これらが良質なクレジットカードです。

  1. rexカード (visa)
  2. 学生用ライフカード (visa / Mastercard)
  3. エポスカード (visa)
  4. orico paywave/paypass (visa / Mastercard)
  5. セゾンブルー・アメリカンエキスプレス (AmericanExpress)(保険のみ良質)

今すでにクレジットカードを持っている方はこの表と比較してみてください。

もしこの条件より下回る場合は、留学にとってあまり良いクレジットカードではないかもしれません。

こちらであなたの持っているカードの内容を調べることができます。URL先であなたのカードを検索してみてください。

価格.com - クレジットカード比較

もし、普通 / お得ではないクレジットカードで過ごした場合→約6,000円以上損します

もし普通 / お得ではないクレジットカードで1年間過ごした場合、100万円からどれぐらいお金が残るのか比較してみました。

あまり良くないカード カード手数料 : 2%
ポイント還元率 : 0.3%
残り37万4,881円 (内ポイント 1,800)
普通のカード カード手数料 : 1.63%
ポイント還元率 : 0.5%
残り37万8,343円 (内ポイント 3,123)
良質なカード カード手数料 : 1.63%
ポイント還元率 : 1%
残り38万1,467円 (内ポイント 6,247)

■円をドルに替える場合で計算 (1ドル=100円)  月に使う生活費のみで計算 金額は平均の5万円  為替レートの手数料 / 使用したときの手数料も計算 

単純な数字だけの計算でも、6000円以上差が出ました!ポイントだけで見れば3倍以上違います。

1~3ヶ月の短期留学の方にとってはあまり大した差ではないかもしれませんが、長期の方にとっては大した差ですね!

さらに、利便性やポイントの還元方法、保険など数字に出来ない部分も含めると差はもっと広がります。

すこしでも節約・便利な生活をお考えの方は必ず良質なクレジットカードを持っていくようにしましょう。

では、良質なクレジットカードの条件を詳しく説明していきますね!

1.クレジットカードのブランド→VisaとMastercardが最も良いです。

VisaとMastercardがあれば支払いに困ることはありません!

このブランドによって、使えるお店が多いか少ないかが変わってきます。

VisaとMastercardであれば支払いにほぼ困ることはありません。

全世界で、Visaの取引件数が56% Mastercardの取引件数が26%

(引用 : The Nilson report)

2015年3月にThe Nilson Reportが調査したクレジットカードブランドの世界での取引件数の比較です。

もしあなたがAmericanExpressやJCBだけを持って行ってしまうと、使えない場合の方が多く、せっかく用意したのに全くの無駄になってしまいます。

必ずVisaかMastercardを用意しましょう。

私は今カナダに住んでおり、一応AmericanExpressのカードを持ってきたのですがほっとんど使えません 泣 今はインターネットショッピングでたまに使うか使わないかぐらいでしか役に立っていません。 

2.カード利用手数料→1.63%以下のものを選びましょう。

カード利用手数料は1.63%が良質なクレジットカードの証です

クレジットカードは海外で利用すると必ず「為替レート手数料」が発生します。

あなたが登録している「日本円」の口座から「ドル」で買ったものを引くわけですから「違う通貨同士の計算せなあかんから手数料もらっていくで!」という具合に手数料がかかります。

手数料は大きく分けて3つあり、1.6% / 1.63% / 2% がほとんどです。

1.6%はなかなかないため、1.63%以下であればお得だと言えます。

3.ポイント還元率 → 0.7~1%以上のものを選びましょう。

ポイント還元率が0.7%以上が良質なクレジットカードの証です

ほとんどの場合は、0~0.5%のポイント還元率が一般です。そのため0.5%以上のポイント還元率だとお得だといえるでしょう。

良質なクレジットカードの中には1.25~1.5%のものがあり、普通のクレジットカードと比べると2.5~3倍もお得です。

100万円を使った場合、5000ポイント(0.5%) / 12500ポイント (1.25%) / 15000ポイント (1.5%)

このように大きく変わってくるため、必ず高還元率のクレジットカードを選びましょう。

4.ポイントの内容の良さ → 貯めたポイントが何に使えるか確認しておきましょう

ポイント内容の良さが良質なクレジットカードの証です

例えば楽天ポイントやnanacoポイントなど、何か限定的なポイントが多いため、それらを利用しない方にとっては使わない分損をすることになってしまいます。

逆に楽天やnanacoなどをよく使う方にとっては大きなメリットになりますので、あなたのライフスタイルを確認してクレジットカードを選ぶようにしましょう。

私のおすすめは、キャッシュバックや請求金額から1pt=1円で引けるようなポイントが使いやすくてとても便利です。

5.海外保険の内容 → 必ず自動付帯と内容の良いものを選びましょう。

保険内容の良さと自動付帯が良質なクレジットカードの証です

クレジットカードの保険は、留学用保険とは別に使えるので、いざという時のお守りになって心強いです。

しかし、注意すべき点が2つあります。

それは「自動付帯」である事と、「保険内容が良いか」という点です。

詳しく説明しますね!

ちなみに、この記事で紹介するクレジットカードはもちろん「自動付帯」で「保険内容が最高」なのでご安心ください。

自動付帯と利用付帯の違い → 必ず自動付帯のものを選びましょう!

利用付帯 クレジットカードで留学・旅行に関係する公共の乗り物などをカードで支払った場合に保険が有効になる(飛行機やバス / ツアー代金など)
自動付帯 持っているだけで有効になる

持っていくクレジットカードの枚数に応じて面倒が増えます。

Aカードで飛行機を払って、Bカードでバスを払って、Cカードで...という風にいちいち使い分けなければならず面倒です。

その点自動付帯であれば何もすることなく自動で保険が付きますので安心です!

利用付帯をお得に使う方法もありますが、そもそも3ヶ月以上の留学の場合は保険会社の海外保険に入るべきですので、やはりお守り程度に考えるのが一番良いでしょう。

保険内容の良さ → 傷害・疾病保険の内容が良いものにしましょう!

実は留学・海外旅行において最も多い事故が「傷害・疾病」なんです。

事故の約50%がこの2つのため、あなたの身に降りかかる可能性が最も高いのです。

とはいえ他の事故も起こりうる可能性がありますので、基本的に留学には保険会社の保険に入りましょう。

こちらのジェイアイ傷害火災保険の「トラブルデータ」は見ておいて損はありません。実際に事故された方がいくら請求されたのかなどが載っています。

それぞれの保険の内容と基準は以下です!

傷害死亡・後遺障害 ・事故による死亡や後遺障害について補償
・2,000万以上が良質
傷害治療費用 ・海外でのケガの治療代を補償
・200万以上が良質
疾病治療費用 ・海外での病気の治療代を補償
・200万以上が良質
賠償責任 ・相手にケガを負わせたり万が一死亡させてしまった時の賠償責任額を補償
・2,000万以上が良質
救援者費用 ・デジタルカメラなど携行品の盗難や破損を補償
・200万以上が良質
携行品損害 ・留学先に家族が渡航する旅費や捜索費を補償
・1事故 20万以上が良質

6.その他のサービス → 海外で利用でポイント2倍・良く使うお店で2倍など

他のお得なサービスがついているのが良質なクレジットカードの証です

どうせ選ぶのであれば、あなたにとってよりお得なものを選びましょう。

  • 海外利用時にポイント2倍
  • 誕生日月の利用時はポイント3倍
  • 国内優待が使える店が7,000店 (5~30%の割引)

など、良質なクレジットカードにはこのような他のサービスも付いています。

長期の方の場合は、海外での利用が多くなるためポイント2倍はとてもお得です。

逆に短期の方には、国内優待が多く使えるクレジットカードを持っておくと、留学だけでなく、帰国した後もそのまま使い続ける事ができますね。

あなたにとってお得だと思えるサービスがあるか、必ず確認をしておきましょう!

 

以上これらを満たすものが「留学において良質なクレジットカード」です。

  1. クレジットカードのブランド→VisaとMastercard
  2. カード利用手数料→1.63%以下
  3. ポイント還元率 → 0.7~1%以上
  4. ポイントの内容の良さ → 貯めたポイントが何に使えるか
  5. 海外保険の内容 → 必ず自動付帯と内容の良いもの
  6. その他のサービス → 海外で利用でポイント2倍・よく使うお店で2倍など

すでに持っている方も必ず内容が良いか確認をしてください!

クレジットカードの良くある3つの質問と4つの注意点

  • よくある質問1 : 海外でクレジットカードはどうやって使うの?
  • よくある質問2 : 大学生・高校生・中学生はクレジットカードを持てる?
  • よくある質問3 : デビットカードやプリペイドカードとの違いはなに?
  • 注意点1 : クレジットカードは2枚以上が安心
  • 注意点2 : 利用限度額がいくらか把握しておきましょう
  • 注意点3 : クレジットカードの保険の組み合わせに注意を!
  • 注意点4 : 細かい注意点

これらが留学用クレジットカードでよく取り上げられる話題です。

これらを知っておくことで、クレジットカードへの理解がより深まると思います!

もう知ってる!という方は飛ばしてお読みください!

よくある質問1 : 海外でクレジットカードはどうやって使うの?→日本と一緒です!

初めてクレジットカードを作る方や、海外で使ったことがない方は少し不安ですよね。

以下の動画をごらんください!

基本的には日本と同じですが、日本語以外の言葉でやりとりをするので少し慣れが必要です。

私はカナダに留学していますが、まさにこの動画のような感じです!

ATMの使い方も動画の中にあるので、ついでに見ておくと良いでしょう。

よくある質問2 : 大学生・高校生・中学生はクレジットカードを持てる?→高校生を含む18歳以下の方は作れません。

社会人・大学生は条件により作れますが、高校生以下は年齢制限に引っかかるため作ること自体できません。

残念ながら18歳以上の高校生を除く大学生以上が作れることが多いです。

しかしそれはカードによって変わるため、中には20歳以上や安定した収入がある方など、大学生でも作れないものがあります。

そのため、必ず作れる条件を確認の上クレジットカードを探しましょう!

高校生・中学生以下の方は「デビットカード」または「プリペイドカード」がオススメです!

よくある質問3 : デビットカード・プリペイドカードとの違いはなに?

以下の画像をごらんください!

クレジット・デビット・プリペイドカードの違いを表した図

  • 審査があるかないか
  • 銀行口座か専用口座か
  • すぐに引き落としか翌月末か

これら3点が大きな違いですね!

クレジットカードの引き落とし日はカードによって引き落とし日が変わりますが、ようはその瞬間ではなく翌月のどこかにまとめて払うということです。

細かな違いもあり、紛失時やATMの利用が出来るかどうか、手数料が高いかなどの細かな違いがあるため表にまとめました!

クリック・タップして拡大表示できます。

クレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・海外送金・Transferwiseの細かな利用範囲の違い 表

  クレジットカード デビットカード プリペイドカード 海外送金 TransferWise
作れる年齢 18歳以上 15歳以上 13~16歳以上 15歳以上 18歳以上
審査 あり ほぼなし なし なし なし(住所・本人確認あり)
ATM 使えない 使える(手数料高い) 使える(手数料高い) 使える(手数料なしor安い)
使えるお店 多い(ブランド・店による) 多い(ブランド・店による) 多い(ブランド・店による) 問題なくほぼ使える
インターネットショッピング 多い(ブランド・店による) 多い(ブランド・店による) 多い(ブランド・店による) 問題なくほぼ使える
扱える通貨 ほぼ全て使える ほぼ全て使える 5~8種類 主要通貨は可能
ポイント 付く 付かないものが多い 付かないものが多い 付かない
手数料 高い 高い やや高い 高い 安い
盗難紛失時 サポートあり、緊急用カードをおくってくれる(手数料かかる) サポートはあるが、再発行カードを場所によっては海外に送れない(手数料かかる) サポートはあるが、再発行カードを海外に送れない サポートあり、現地銀行のため再発行が早い。ただし、英語での対応がほとんど

*1 クレジットカードはATMでキャッシング出来るが、旅行と違い長期期間滞在することになるので、この記事では説明いたしません。
*2 プリペイドカードの取り扱い通貨のリンク マネパカードの取り扱い通貨 / キャッシュパスポートの取り扱い通貨
*3 海外送金は各銀行で対応が異なるため、ご自身の銀行に直接確認するのが最も正確です。
*4 TransferWiseの取り扱い通貨のリンク 送金可能な通貨を教えてください

クレジットカードを作れない高校生以下の方はデビットカードやプリペイドカードになりますが、この2つが良質である場合、良質なクレジットカードよりお得な場合があります。

もし、クレジットカードで本当にいいのか?とお悩みになられたら、ぜひこちらの記事をお読みください。

注意点1 : クレジットカードは2枚以上が安心です。→カードが止まってしまったときのためです。

クレジットカードは2枚持ち以上が安心です!

度々になりますが、クレジットカードは思わぬ時に止まってしまう(利用できなくなる)恐れがあります。

  • カード会社のセキュリティシステムが不正と判断した時
  • 暗証番号を3回以上間違えてしまった時
  • カードの利用限度額を超えてしまった時

もし1枚しか無くそれをメインで使っていた場合、それが復活するまで利用ができなくなってしまいます。

そうなら無いためにも基本的にクレジットカードは2枚あると安心です。

VISAとMastercardのカードだと、全国でほぼ支払いに困る事はありません。

注意点2:カードの利用限度額がいくらか把握しておきましょう。→越えた場合、越えた分の支払いが終わるまでカードは使えなくなります。

利用限度額10万円の場合、10万に到達or超えてしまうと、10万円を支払うまでカードが利用できなくなります

クレジットカードには「ショッピング利用限度額」と「キャッシング利用限度額」があります。

ショッピング利用限度額 普段のお買い物などで使う時の利用限度額のこと
カードの支払日から次の支払い日までいくらまで使っていいという上限のこと
キャッシング利用限度額 クレジットカードを使ってお金を借りる限度額のこと
借金をしてお金を借りることができるが、金利が発生する

ショッピング利用限度額に注意です。

これらはカードによって上限が変わるのですが「学生向けカード」は利用限度額が低い場合が多いです。おおよそ5~20万円が利用限度額に設定されている場合が多く、社会人向けカードと比べると低めです。

この利用限度額を越してしまうと、使用した額の支払いが終えるまでクレジットカードは使えなくなってしまいます。

クレジットカードは使ってもその場でお金が減らないため、金銭感覚が麻痺してしまいがちです。そうなると、カードが止まってしまい生活に支障が出ていまいます。

そうなった時のために2枚持ち以上がやはり安心です。

なるべく止まらないようにするために、利用限度額を理解した上でお金を計画的に使いましょう。

★キャッシングは無いものと考えましょう。→使い方によってはお得ですが、リスクが高いです。

キャッシングは端的に言えば借金です。お金を借りる代わりに年率十数%の金利がかかります。

この金利を上手く利用することで、デビットカードなどよりもお得にお金を引き出せるという方法がよく紹介されています。

しかし、この記事ではオススメいたしませんので、キャッシング機能自体を忘れてください。詳細は省きますが、面倒でさほどお得では無い上に、キャッシングへの抵抗感が下がるからです。

簡単な手続きをするだけでお金がすぐに借りれるわけですから、それだけリスクも大きいですし、中毒性も半端ではないのです。

たかが数百~数千円程度のために借金をするのは止めましょう。本当にどうしようもなくなった時に利用する最終手段として活用してください。

注意点3 : クレジットカードは枚数分保険の合算ができる→しかし、60~90日間しか保険はききませんので長期留学の方は必ず海外保険に入りましょう。

クレジットカードの保険は、傷害死亡・後遺障害を覗いて合算することができます!

クレジットカードには国内・海外保険がある物があり、あなたが留学先でケガをした時や病院にかかった時にお金を保証してくれる保険がかかっています。

なんとこの保険は、クレジットカードを持っている枚数分合算出来るのです。

Aクレジットカード ・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高200万円
・疾病治療費用 最高200万円
Bクレジットカード ・傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円
・傷害治療費用 最高100万円
・疾病治療費用 最高100万円
合計 ・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高300万円
・疾病治療費用 最高300万円
※死亡・後遺障害の保証は最も高いものが適用される

1枚だと物足りない保険ですが、枚数を増やして合算していくと万が一の時に十分役に立ちます。

しかし、この保険はそもそも6~90日間しか効きませんので、あてにせず必ず海外保険に加入してください。

他サイトではよく保険があるのでいいカードですよ!とカードの紹介がされていますがここが落とし穴です。この説明がなされていません。

クレジットカードはお守り程度だと思い、必ず海外保険に入っておきましょう。

注意点4:細かな注意点 → 細かなところですが必ず確認しておきましょう。

暗証番号・有効期限・web明細設定・連絡先を必ず確認しておきましょう!

  1. 暗証番号 → 間違えがないか・忘れないような工夫をしましょう
  2. 有効期限→カードの有効期限が切れていないかorすぐに切れないか
  3. web明細設定→インターネット上で利用金額など見れるようにしておきましょう
  4. 連絡先→紛失時や盗難など、何かのトラブルの時に。どこかにメモしておきましょう

この4つを必ず確認しておきましょう。

トラブルが起きなければ良いですが、用意しておくことですぐに対処することが出来ます。

 

では最後に、良質な条件を満たした厳選クレジットカードを紹介しておわりにしますね!

1000種類以上のクレジットカードの中から、最も留学において良質なクレジットカード5枚

厳選した良質な条件に合うものだけを5枚紹介いたします!

ありとあらゆるカードを比較して厳選しましたので、かなり時間がかかりました 泣

  1. rexカード (visa)
  2. 学生用ライフカード (visa / Mastercard)
  3. エポスカード (visa)
  4. orico paywave/paypass (visa / Mastercard)
  5. セゾンブルー・アメリカンエキスプレス (AmericanExpress)(保険のみ良質)

 この順番で紹介しますね。

【厳選カード1 : ポイント還元率NO.1 学生/社会人の方も利用できるカード】REX CARD

f:id:the-abroad:20170901030202j:plain

価格.comレビュー 38件

ブランド VISAのみ 年会費 0円(50万以上利用で翌年も無料)
手数料 1回1.63% ポイント 1回1.25%
審査期間 入会申込から3週間前後 ※オンライン申込限定 利用限度額 60~200万
保険 自動付帯 保険期間 90日
保険内容

・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高200万円
・疾病治療費用 最高200万円
・賠償責任 最高2,000万円
・救援者費用 最高200万円
・携行品損害最高20万円(免責3,000円)
・家族特約 付帯なし

申し込める方 社会人 / 主婦 /大学生
※原則年齢18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能な方
※未成年の方がお申し込みの場合には親権者の方の同意が必要となります
ポイント / 他サービス ・ネットあんしんサービス(標準装備)
・カード盗難保険(標準装備)
・ショッピング保険
・ポイントがほぼ現金のように使える

【○メリット】

ポイントの還元率 / 保険の内容・自動付帯 / サービスの良さ で群を抜くほど良質なクレジットカードです。これより上をいくカードはなかなかありません。

ポイントの還元率は、一般的なカードと比べると約2.5倍です。

さらにその貯めたポイントは「1pt=1円として、請求額から引く(Jデポサービス)」事ができます。

例えば請求額が1万円でポイントが2,000ptあった場合、8,000円にする事ができます!

留学では多くお金を使うため、費用が気になる方には一番良いクレジットカードです。

【×デメリット】

年会費が安い分、カスタマーサポートの対応があまり良くないです。また、webでの利用明細への反映が遅く利便性にかける部分があります。内容が良いだけに残念です...。また、審査期間が3週間前後とかなり長いので、お急ぎの方は早めの登録が必要です。

【厳選カード2 : 学生の方にオススメ 最大5万円キャッシュバック付き】学生専用ライフカード

f:id:the-abroad:20170901030259j:plain

価格.comレビュー 57件

ブランド VISAかMastercard 年会費 0円
手数料 1回1.63% ポイント 1回0.5~1.5%
審査期間 最短3営業日 ※オンライン申込の場合 利用限度額 1~20万
保険 自動付帯 保険期間 90日
保険内容

・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高200万円
・疾病治療費用 最高200万円
・賠償責任 最高2,000万円
・救援者費用 最高200万円
・携行品損害最高20万円(免責3,000円)

申し込める方 高校生を除く満18歳以上満25歳以下で、大学・短期大学・専門学校に現在在学中の方。未成年の方は、親権者の同意が必要となります。
※原則年齢18歳以上(高校生は除く)で電話連絡可能な方
ポイント / 他サービス ・入会後1年間はポイント1.5倍、さらにご利用金額に応じて最大2倍。お誕生月はポイント3倍。
・海外ショッピング利用キャッシュバック。海外旅行先でのカードご利用総額の5%にあたる現金を口座振込!
・紛失時やパスポートの相談など、世界主要都市20ヶ所に設置された会員専用の窓口で日本語スタッフに相談できる

【○メリット】

留学に必要な条件が全て揃っており、かつ他には無いポイント高還元と海外利用で5%キャッシュバックが魅力的です。

この5%キャッシュバックを利用すると、100万円使った時に5万円戻ってくる計算になります。(限度額5万円)その上、誕生付きはポイント3倍ですので、それらを合わせると他カードには無いとんでもないポイントになります。

この5%キャッシュバックは会員専用Webサービス「LIFE-Web Desk」へのご登録および 「LIFE-Web Desk」からのお申込みが必要なので必ず忘れ無いでください!

【×デメリット】

こちらも年会費が無料の分、カスタマーサポートの対応があまり良くないです。上限金額も学生向けのため低く、その上完全に海外専用カードなので国内での良さがあまり多くありません。あくまで留学期間中に使うカードだと割り切るのが得策です。ポイント全て使ってからカードを乗り換えましょう。

さらに、徐々に内容が改悪しているようですので、これ以上改悪される場合は他を検討しましょう。

【厳選カード3 : 短期留学の方にオススメ!サブカードとして優秀 / 国内優待7,000以上】エポスカード

f:id:the-abroad:20170901030332j:plain

価格.comレビュー 35件

ブランド VISA 年会費 0円
手数料 1回1.63% ポイント 1回0.5~0.7%
審査期間 約1週間(ネットでの申し込みで) 利用限度額 審査により決定
保険 自動付帯 保険期間 90日
保険内容

・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高200万円
・疾病治療費用 最高270万円
・賠償責任 最高2,000万円
・救援者費用 最高100万円
・携行品損害最高20万円(免責3,000円)

申し込める方 ・満18歳以上の方(高校生を除く)  ※未成年のお客さまは、カードお申し込みの際に親権者さまのご了解が必要になります。
ポイント / 他サービス ・即時発行
・海外旅行も安心「海外トラベルサポート」
・マルイで会員限定10%OFF!
・国内優待7,000店以上(5~30%の優待)
・海外旅行も安心「海外トラベルサポート」。世界38都市の現地デスクで、観光に役立つ情報や緊急時の対応など、すべて日本語でご案内。

【○メリット】

短期留学や、留学が終わった後も使いたい方にオススメのカードです。国内優待が多く付いているため、留学中は保険用のサブとして、帰ってきてからはメインとして使うといった使い方が出来ます。

中でも疾病治療費用は年会費無料のカードでトップクラスの保険内容です。

【×デメリット】

ポイント還元率が少ないのが難点です。しかし、丸井や加盟店では5~30%の優待が使えるため、うまく使えばポイント還元率を高く上げることが出来ます。また、こちらもカスタマーサポートの質は良く無いという声が多いため、ケアの部分では残念です...

【厳選クレジットカード4 : 長期の方にオススメ!海外では2倍 / 最新のかずさだけでカードが使える】Orico Paywave / Paypass

f:id:the-abroad:20170901030359j:plain

クレファンレビュー 2件

ブランド VISA(Paywave)かMastercard(Paypass) 年会費 0円(一度でも使えば翌年無料)
手数料 1回1.63% ポイント 1回0.5~0.7%
審査期間 最短8営業日 利用限度額 10~300万
保険 自動付帯 保険期間 90日
保険内容

・傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
・傷害治療費用 最高200万円
・疾病治療費用 最高270万円
・賠償責任 最高2,000万円
・救援者費用 最高100万円
・携行品損害最高20万円(免責3,000円)

申し込める方 ・原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)。
ポイント / 他サービス ・海外利用でポイント2倍!
・ご入会月を含め4カ月間、利用金額スマイル2倍を加算!(※加算上限600スマイル)
ショッピングモール「オリコモール」を利用するとお買い物するだけで、スマイルが通常の2~20倍貯まる
・後払い型電子マネー「Paywave / Paypass」機能搭載クレジットカード。

【○メリット】

海外でのポイント還元率が良い点と、利用のしやすさが特徴のカードです。かざすだけで支払いができるため楽に使うことが出来ます。日本でも2020年オリンピックに向け、このPaypass/Paywaveの導入が進められています。VISAとMastercardが選べますので、持ってい無い方のブランドを選びましょう。

【×デメリット】

国内ではポイント還元率が普通なのがデメリットです。また、新しい機能も国内では導入段階なので2017年現在ではあまり使えることは無いかもしれません。

【厳選クレジットカード5 : 3枚目のカードとして / 短期留学の方向け / 25歳以下の海外旅行によく行く方にオススメ】セゾンブルー・アメックスカード

f:id:the-abroad:20170908053213j:plain

価格ドットコム  4件

ブランド AmericanExpress 年会費 3,000円(初年度無料 / 25歳以下無料)
手数料 1回2% ポイント 1回0.5~1%
審査期間 即日 ~ 3営業日 利用限度額 ~150万
保険 自動付帯 保険期間 90日
保険内容

・死亡・後遺障害 3,000万円
・傷害治療 300万円
・疾病治療 300万円
・携行品損害 30万円(※旅行中限度額10万円、年間限度額30万円)
・賠償責任 3,000万円
・救援者費用 200万円

申し込める方 ・18歳以上(高校生は除く)で電話連絡が可能な方で、 クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座を所有の方
ポイント / 他サービス ・海外利用でポイント2倍!
ポイントの有効期限がない「セゾン 永久不滅ポイント」
心当たりのないインターネット上での不正使用による損害を補償
キャッシュレス診療

【○メリット】

3枚目のカードとして、保険内容だけを重視したい方におすすめです。

年会費無料レベルでは最上級の保険内容となっており、他のクレジットカード2枚+このカードで最高額の保険でカバーすることが出来ます。

海外利用でポイント2倍は魅力的ですが、あくまでお守り用カードだとお思いください。特に、留学だけでなく海外旅行によく行かれる方には特にオススメの1枚です。

【×デメリット】

メインのカード・1枚目のカードとしては全くオススメしません。手数料が高い上に使えないお店が多数のため、クレジットカードとしては機能しにくいです。

あくまで保険内容を重視したクレジットカードだとお考えください。

クレジットカードのお申し込みはインターネットが最もお得→申し込み方法はたったの5ステップです

クレジットカードは書面や郵送などでも作成できますが、最もお得なのはインターネット経由です。

インターネットお申し込み限定の特典やポイントが付くため、よほどの理由がない限りはインターネットでの申し込みをお勧めします。

申し込み方法はとても簡単です。

  1. 作りたいカードのwebサイトに行く
  2. あなたの住所や職業などの情報を記入する
  3. 本人確認書類(免許書など)のアップロード・銀行口座の登録をする
  4. 審査を待つ
  5. 審査に通り次第、郵送でカードが届く

たったこれだけです!

2と3の時に、「リボ払い」「キャッシング枠」など設定する項目があれば必ず最低限or申し込まないようにしましょう。

これらはどちらも留学用クレジットカードにおいて必要ありません。

まとめ : 留学において良質なクレジットカードとは

  • クレジットカードは必要だが、4番目にお得
  • 良質なクレジットカードでなければ損をしてしまう
  • ブランドはVisaかMastercard
  • 手数料は1.63%以下
  • ポイントは0.7%以上・ポイントの交換先があなたのライフスタイルに合っている
  • 海外保険の内容が良く、自動付帯のもの
  • 他サービスがある
  • 高校生以下の方は作れない
  • クレジットカードは2枚以上が良い
  • クレジットカードの保険は加算できるが、90日間だけ
  • 必ず保険会社の海外保険に加入する
  • 暗証番号や紛失時の電話番号などは必ず忘れないようにする

以上が良質なクレジットカードのまとめです!

クレジットカードは種類が多いのでワケがわからなくなりますが、上記を満たしていれば良質といえるので、すでに持っている方も必ず比較して確認しましょう。

 

最後に、留学にクレジットカードだけで行くのは危険です。

万が一の時を考え、複数お金を持っていく手段を用意しておいた方が得策です。

もしあなたがクレジットカードしか用意していない場合は、以下の記事を参考に他のお金を持っていく手段を確保しましょう!

あなたの留学がストレスなくお得に送れるよう願っております!